妊産婦アクセス支援事業について

日高町では、出産に関する妊産婦の経済的負担や不安軽減のため、自宅から遠方の分娩可能な医療機関への通院のために要した交通費を助成します。

対象者

日高町に住民登録があり、下記のいずれかに該当する方

・住所地(里帰りしている場合は里帰り先)から最寄りの病院までの距離が20km以上となる妊婦。

・特に注意が必要とされ、周産期母子医療センター等特定の病院(※1)に通院せざるを得ず、居住地から当該施設までの距離が20km以上となる妊産婦(※2)。

※1 周産期母子医療センター : 和歌山県立医科大学附属病院、日赤和歌山医療センター、紀南病院

※2 該当する場合は「特定分娩取扱施設確認書」を病院に記載してもらうことが必要です。

(2)特定分娩取扱施設確認書.pdf(122KB) 

 

対象経費

妊婦健診、産婦健診、診療又は出産のために病院に通院するために負担した交通費

 注)転入された方の場合、住所を日高町に移す以前にかかった費用については対象外となります。また、転出される場合は、必ず転出前に申請してください。

 

助成内容

別表1に定める金額の通院回数分。通院回数は別表2に定める回数を上限とします。

 

別表1

距離区分  公共交通   自家用車 
 20km以上40km未満 2,000円 2,000円
 40km以上60km未満 4,000円 3,000円
 60km以上80km未満 6,000円 4,000円
 80km以上100km未満  7,000円 5,000円
 100km以上 10,000円 7,000円

別表2

 対象となった期間   回数上限 
妊娠初期~23週 17回
妊娠24週~35週 13回
妊娠36週~ 7回

多胎妊娠の場合は、それぞれ5回を加えた回数を上限とする。

 

申請期間

産婦健診を受診した日の属する年度の3月末までに申請してください。

受診期間が2ヵ年度にわたる場合は、2ヵ年度目に一括で申請してください。

※ただし、産婦健診が1月の場合は翌年度の4月末まで、2月の場合は翌年度の5月末まで、3月の場合は翌年度の6月末までに申請してください。

 

申請方法 

以下の書類を子育て福祉健康課まで提出してください。

(1)日高町妊産婦アクセス支援費助成金交付申請書兼請求書

(2)特定分娩取扱施設確認書(ハイリスク妊産婦に該当する方)

(3)母子健康手帳の写し(診療日の記載)

(4)領収書又は診療明細書の写し(母子健康手帳に記載されている日以外の妊娠・出産にあたっての診療日)

(5)公共交通機関を利用の場合は領収書又は利用証明書

 

(1)助成金交付申請書兼請求書.pdf(239KB)  

 

お問い合わせ

子育て福祉健康課
電話:0738-63-3801