新型コロナウイルス感染症の流行に伴う保険料の減免を令和4年度末まで延長します

新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、次の要件を満たす方は、申請により後期高齢者医療保険料が減免となる場合があります。

 申込期限は令和5年3月31日までです。

 

対象となる方

  1. 新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

    保険料の全額を免除


  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の事業収入等(事業、不動産、山林または給与収入)の減少が見込まれ、次の3つの要件のすべてに該当する方

  • 主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額が、前年の事業収入等の10分の3以上であること。

  • 主たる生計維持者の前年の所得の合計額が1,000万円以下であること。

  • 主たる生計維持者の収入減少が見込まれる事業収入に係る、所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。

    保険料の一部を減額

    ※ただし、減少が見込まれる事業収入等に係る前年の所得額が0円の場合は対象外となります。

 


新型コロナウイルス感染症に伴う、保険料減免についての内容はこちら

保険料減免の延長について(129KB)

対象となる保険料

令和4年度分の保険料であって、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に納期限がある保険料となります。

  • 納期限が令和4年4月1日から令和5年3月31日の普通徴収保険料

  • 年金支給日が令和4年4月1日から令和5年3月31日の特別徴収保険料

 

 

 

 

お問い合わせ

いきいき長寿課
電話:0738-63-3807