介護予防・日常生活支援総合事業の開始について

介護予防・日常生活支援総合事業とは

介護保険法の改正により『介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という』が、平成29年4月から開始されます。新しい『総合事業』は、介護予防・生活支援サービス事業と一般介護予防事業の2つからなります。

介護予防・生活支援サービス事業には、訪問型サービスと通所型サービスがあります。対象は、介護認定により『要支援1』及び『要支援2』の方が対象です。

一般介護予防事業は、介護予防教室事業で65歳以上のすべての高齢者が対象になります。

従前の予防給付から平成29年4月以降、新規認定、更新認定により『要支援1』及び『要支援2』の方は、「介護予防訪問介護相当サービス、介護予防通所介護相当サービス」を利用することができます。

介護(予防)サービス事業所の方へ

使用するサービス単位数マスタについて(平成27年3月31日までに「介護予防訪問介護」、「介護予防通所介護」の指定を受けている事業所は、「みなし指定事業所」となります。

1.認定有効開始日が、平成29年3月以前の要支援者・・・・・介護予防訪問介護サービスコード61介護予防通所介護サービスコード65

2.認定有効開始日が、平成29年4月以降の要支援者・・・・・介護予防訪問介護相当サービスコードA1介護予防通所介護相当サービスコードA5

※平成27年4月1日以降に「介護予防訪問介護」、「介護予防通所介護」の指定を受けた事業所用の単位数マスタを掲載しますのでご利用ください。(A2、A6、AF)

 

サービス単位数マスタ(14KB) 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康推進課
介護保険係
電話:0738-63-3801